週刊ベースボールONLINE

超短期決戦に挑む!スペシャルインタビュー

楽天・松井裕樹インタビュー 楽しんで、勝つ 「自分の登板機会を大事にして、しっかりとチームの力になれたら」

 

楽天のブルペンを見渡すと、CS経験者はほぼいない。だが、その怖いもの知らずぶりが、強みになりそうだ。21歳の若きクローザーが目を輝かせる初舞台。そのときに向け、準備を着々と進めている。
取材・構成=阿部ちはる、写真=桜井ひとし ※成績・記録は10月1日時点


順位よりもまずはやれることをやるだけ


順位争い、さらにはクライマックスシリーズ(CS)の本拠地開幕を懸けた戦いは熾烈を極めている。なかなか勝ち切れない試合が続く中で、松井裕樹は至って冷静だった。それはキャリアハイを目前とした状況でも、マウンド上でも変わらない。勝利へのこだわりだけが左腕を突き動かしている。

──2位・西武とのゲーム差がなかなか縮まらず、緊迫した試合も続いています。

松井 本拠地開催への思いはもちろんありますけど、相手もあることなのでやれることをやるだけかなと思います。緊張感とかも、特には感じていないですね。でもやっぱり西武の結果は気になります。ただ、だからといって緊張するということはないですね。

──10月1日時点で33セーブは2015年の成績と並んでいます。あと1セーブでキャリアハイです。

松井 離脱がなかったらもっと上積みはあったので、ちょっと物足りないですね。

──残り試合数が少ない中で、そこはクリアしていきたい数字の一つでは。

松井 そうですね。そうですけど、やっぱり先ほどの話にもあったように、今はまだ2位という可能性が残っているので、セーブがつかなくてもいくことはあると思いますし、自分の登板機会を大事にして、チームの力になれたらと思います。

──今年は終盤まで防御率も0点台をキープするなど、素晴らしい安定感です。

松井 ランナーは出すんですけどね。そこからは気合いです。(ランナーを)かえさなければいいかなと。

──ランナーを出すとギアが上がるという感覚でしょうか。

松井 ランナーが出たほうが集中できるというか。一塁にランナーがいたほうがちゃんと投げているかなという気はするんですよね。最初からやれ、と思うんですけど(苦笑)。だからランナー一塁のつもりで投げようかなと思っています。

──例えば自分が出していないランナーでも、気合いが入る?

松井 途中から行くことがあんまりないので分からないです。そういうタイプじゃないと思われているので(苦笑)。多分いけるはずなんですけどね(笑)。

──ランナーを出しても抑えられるというのは、自信にもつながっているのではないでしょうか。

松井 そうですね。出したところまでは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー