週刊ベースボールONLINE

さあ、セ・リーグCSファーストだ!

セ・リーグCSファースト突破は「オレ次第」 秋山拓巳、桑原将志、柴田竜拓

 

3試合の超短期決戦はシーズン中とは別の戦い方が求められる。とはいえ、対戦データが戦いのベースになることは両チームともに変わりはないはずだ。今シーズンのデータをひも解き、キーマンをピックアップする。(成績は10月1日現在)

阪神・秋山拓巳 チームを勢いづけるピッチングを



 9月に入り、一度も勝利を挙げられず、2連敗中の秋山拓巳。横浜スタジアムで行われた9月27日のDeNA戦はプレCSファーストステージ第1戦と見立てた感もあったが、初回、2回と2点ずつ奪われ4回で降板と悔しい思いをした。そのリベンジが、本番の第1戦となるはずだ。

 メッセンジャーの復帰次第では第2戦の可能性もあるが、それでもこのCSでは先発陣の軸になる投手。本拠地での開催で阪神がファンの声援を受け有利となる。その中で秋山は4月25日に先発し敗戦投手となった。しかし、投球内容は7回2/3を投げ3安打1失点の申し分ない内容。虎ファンの声援を味方につければ、もう一度、同じような投球、いや、それ以上の内容を見せるはずだ。

 今季、甲子園での登板は8試合で3勝3敗。しかし、55イニングを投げながら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー