週刊ベースボールONLINE

CSに懸ける男インタビュー

DeNA・梶谷隆幸インタビュー 最後は気持ちの勝負 「高校野球のように1試合1試合、チーム全員で“束になって”戦いたい」

 

試合中はほとんど表情が変わることなく、飄々とプレーする。しかし、中身はチームで一番の熱いハートの持ち主だ。窮地になるとその存在感は際立ち、攻守走にわたる捨て身のプレーでナインを鼓舞してきた。2年連続の大舞台、“蒼い韋駄天”はクールに燃えている。
取材・構成=滝川和臣、写真=桜井ひとし(インタビュー)、BBM

今年29歳。若いチームでは先発クラスの野手では宮崎と並び、ロペスに次ぐ年長。チームをけん引する立場だ


打撃での試行錯誤と11年目での意識の変化


開幕戦カードで14打数6安打と幸先の良いスタートを切ったが、打撃成績は安定せずに、勝負どころであと1本が出せずに自身にフラストレーションを抱えていたことも事実だ。しかし、手にしたCS切符。現在の状況と折り合いをつけて、梶谷隆幸は前に進む。

──クライマックスシリーズ(CS)進出が決まった瞬間(10月1日広島戦、横浜)、筒香嘉智選手、桑原将志選手の外野手3人で喜びを分かち合っている姿が印象的でした。

梶谷 3人で集まって「よかったね」って。素直にうれしかったです。僕としては、なんとか(出場が)決まった、という感じでした。今年クリアすべき一つの目標ではあったので。

──打率.243、本塁打21、打点60、盗塁21という今シーズンの数字をどう見ていますか。

梶谷 毎年、苦戦していますよね。いいものも出ているし、悪いものも出ている。打撃に関しては、今シーズン1年プレーして、このまま同じことをやっていても変わらないな、と感じました。今年はオフからいろいろな取り組みをしてきましたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー