週刊ベースボールONLINE

ファイナルへの切符をつかむのは?

1stステージ戦力徹底分析 阪神・主軸が打ち先発が試合を作れば、試合後半は盤石

 

ケガから復帰したばかりのメッセンジャー。第1戦での快投が期待される/写真=BBM


 阪神の自慢は「中継ぎ・抑え陣」。これは金本知憲監督も公言していることだ。今季のDeNA戦は14勝10敗1分けで勝ち越しているが、先発陣が踏ん張って勝利を手にした試合は9勝。残りの5勝は中継ぎ・抑えが踏ん張り攻撃陣が逆転した勝利だ(表4参照)。第1戦の先発はメッセンジャーでDeNA戦は2試合を投げ1勝1敗(表1)。6回まで試合を作ることができれば、後半に勝負をかけられるはずだ。

△は左投げ、先発の(1)は第1戦、(2)は第2戦、(3)は第3戦


 今季の打線は先発が予想されるDeNAのウィーランド今永昇太とは相性が悪い。ウィーランドに2戦2敗。今永には甲子園で3連敗(1勝3敗)を喫しているだけに、そう簡単には大量得点を見込めない。だからこそ先発が最少得点で6回までつなぐことがこのステージ突破の条件になってくる。「甲子園では打たれていませんので」と第2戦で先発が予想される秋山拓巳は自信を見せた。DeNA戦では2勝1敗で防御率5.48と相性が良いとは言えないが、甲子園では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー