週刊ベースボールONLINE

ファイナルへの切符をつかむのは?

1stステージ戦力徹底分析 DeNA・早めに打線が援護し、先発をラクに投げさせたい

 

今永は対阪神戦3勝のすべてを甲子園でマークしている。確実に試合を作っていきたい/写真=BBM


 今季、阪神から挙げた10勝のうち、すべての試合で先発投手に勝ち星がついている(表4参照)。一方で、中継ぎ陣は0勝5敗と阪神打線を相手に粘り切れず、クローザーの山崎康晃以外は不安が残るのが正直なところだろう。つまり、阪神に勝つためには、先発投手が試合を作ることが絶対にして最大の条件となる。先発が8回まで投げ切り、山崎康にバトンをつなぐのが理想的な勝ちパターンだ。

 ファーストステージでは阪神戦2勝、防御率1.76のウィーランドと、3勝をマークしている今永昇太の2投手(表1)が1、2戦目の先発を任される可能性が高い。3戦目は直近の登板で好投した石田健大が有力だが、状況次第では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー