週刊ベースボールONLINE

ファイナルへの切符をつかむのは?

1stステージ戦力徹底分析 西武・楽天が得意な菊池雄星の投球で初戦を絶対に勝ちたい

 

今季、楽天に対して8勝0敗の菊池。初戦に先発するがエースで確実に勝つ


 西武はCSファーストで勝ち抜く好材料がそろう。シーズン終盤に楽天を引っくり返して2位でフィニッシュ。地元・メットライフドームで開催を決めた。同球場では今季41勝25敗、勝率.621。楽天戦も8月から10連勝を飾るなど対戦成績16勝8敗1分。辻発彦監督は「ファンの声援が後押しになる」と本拠地で戦うプラス面を強調する。

 先発は1戦目がエース・菊池雄星、2戦目は十亀剣が確定。3戦目は今季11勝をマークした野上が有力視される。カギを握るのは初戦だ。菊池は今季、楽天戦で8勝0敗、防御率0.82と圧倒。「雄星の投げる試合は絶対に落とせない」とナインが口をそろえる。菊池もエースの自覚十分だ。「楽天とは何度も対戦している。研究してくるだろうし、やりにくさがないわけではない。でも中継ぎに負担を掛けないためにも、最後まで投げて勝つだけことだけを考えている」と言葉に力を込める。

△は左投げ、先発の(1)は第1戦、(2)は第2戦、(3)は第3戦


 1戦目を菊池で落とすと精神的ダメージは大きい。楽天の則本昂大岸孝之美馬学と強力な先発3本柱との対決が予想される。今季リーグトップの690得点の強力打線で試合序盤から援護したい。一番・秋山翔吾は「CSまで試合の間隔が空く。1戦目の1打席目で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー