週刊ベースボールONLINE

“超高校級”の明るい未来

安田尚憲(履正社高)インタビュー プロでも貫く“不動心” 「松井秀喜さんを超える存在になっていきたい」

 

期待がふくらむ大型スラッガーだ。高校通算65本塁打と抜群の長打力に、逆方向にもスタンドインできるだけのパワーと技術を携える。研究熱心な性格とたゆまぬ努力で、成長の一途をたどってきたが、なおも口にするのは「もっともっと成長する」──。ブレることのない“信念“を持つ安田尚憲は、地に足を着けて日本最高峰の舞台に挑む。
取材・文=鶴田成秀、写真=太田裕史


1年前に決意したプロ挑戦。高い目標が成長を支えた


 夏が終わっても、グラウンドには、いつもと変わらぬ安田尚憲の姿があった。マシンを相手に木製バットで打ち込み、後輩たちに交じって三塁守備でノックを受ける。今夏の大阪大会準決勝で、大阪桐蔭高に4対8で敗れた翌日も、休むことなく汗を流し続けた。

「自分はまだまだヘタクソ。『プロに入れるかも』というだけで満足しているようではダメ。もっと上にいきたい。だから、練習しないとダメなんです」

 とても18歳とは思えぬ落ち着きぶり。周囲が“ドラ1候補”と騒ぎ立てても「今、自分ができることをしっかりやるだけ」と浮かれる様子はない。それもそのはず、“プロ挑戦”の決意を固めたのは1年も前のことだ。昨秋の神宮大会終了後に岡田龍生監督に思いを伝えた。

「より高いレベルで野球をやりたいです。高校卒業後はプロに挑戦しようと思っています・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー