週刊ベースボールONLINE

1965-2017 12球団ドラフト全史

【球団別ドラフト史】日本ハム・常にNo.1の選手狙う強行指名で大谷獲得

 

1965年秋からスタートし、今回が53回目となったドラフト会議。毎年、幾多のドラマが繰り広げられ、多くの笑顔と、そして涙があった。ここでは過去のドラフト会議をドラフト1位選手を中心としながら球団別に振り返ってみよう。
※ドラフトの年は会議の開催年。文中も

ダルビッシュは一本釣りに成功[2004年]


 スタートは東映時代だ。初代ドライチは快速球右腕の森安敏明だったが、のち“黒い霧事件”で永久失格となった。比較的序盤から成功率が高く、66年二次には、1位で高橋善正、2位で大下剛史(駒大)、67年は3位で高橋直樹(日本鋼管)、68年には1位で大橋穣、4位で金田留広(日本通運)を獲得している。

 東映の最後、日拓最初の72年ドラフト1位が新美敏。翌73年からは日本ハムのユニフォームを着るのだからあわただしい話だ。

 70年代、80年代と全体的には、指名も比較的無難な線を狙う印象が強かったが、79年には1位で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー