週刊ベースボールONLINE

1965-2017 12球団ドラフト全史

【球団別ドラフト史】西武・瞬く間に黄金期を築き上げた80年代のドラフト戦略

 

1965年秋からスタートし、今回が53回目となったドラフト会議。毎年、幾多のドラマが繰り広げられ、多くの笑顔と、そして涙があった。ここでは過去のドラフト会議をドラフト1位選手を中心としながら球団別に振り返ってみよう。
※ドラフトの年は会議の開催年。文中も

涙のKKドラフトで清原が入団[1985年]


 西武の前身西鉄が、一番最初にドラフト制度導入に動いた。過熱する選手獲得で球団経営が圧迫されたため、契約金、年俸の急騰を抑えるためだった。

 すでにチームは低迷期に入っていたが、67年に2位の東田正義(三重交通)、竹之内雅史(日本通運)の“トンタケ砲”、68年には、のちのエース・東尾修を獲得。もしかしたらドラフト制により、チーム再建の可能性がなかったわけではないが、69年オフに発覚した敗退行為疑惑、いわゆる“黒い霧事件”がすべてを・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー