週刊ベースボールONLINE

12球団担当ドラフト採点

【球団別ドラフト採点】オリックス・左右の即戦力投手獲得

 

来年のチーム作り、未来のチーム構成にとって2017ドラフト会議は各球団にとって成功と言えたのだろうか。ここでは本誌球団担当が「運命の10.26」を厳格に判定し、点数をつけた。また今ドラフトの収穫と誤算、そしてこの結果から見えてくる戦力構想とは──。
採点は100点満点。「近年3年間のドラフト指名内訳」表は入団拒否者を含む。育成指名は含まない


オリックス 今年のドラフトに誤算はなし


 1位で西武と競合の末に社会人No.1左腕の21歳・田嶋大樹(JR東日本)を獲得し、2位でも社会人右腕の鈴木康平(日立製作所)と左右の即戦力投手の指名に成功。補強点であった内野手も福田周平(NTT東日本)を3位で指名と、全指名8人を高校生と社会人で占めた。3年連続Bクラスの低迷の中で若返りを図るチームが求めたのは“若き即戦力”だっただけに戦略どおりの・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング