週刊ベースボールONLINE

2017ドラフト総決算

オレたち即戦力!!名門・社会人3社“指名トリオ”の矜持/ドラフト

 

一発勝負の短期決戦で精神的に揉まれ、高い技術力を身に付けた社会人選手には、どこの球団も“即戦力”を期待する。それがいわゆる「名門」と呼ばれる社会人チームならばなおさら。今ドラフトでは、そんな東日本の「名門」3社からそれぞれ3人ずつが指名を受けた。NTT東日本、日立製作所、JX-ENEOSの“即戦力トリオ”を紹介しよう。

NTT東日本・都市対抗制覇の主力たち


写真左から渡邉啓太[ロッテ5位/投手]、福田周平[オリックス3位/内野手]、西村天裕[日本ハム2位/投手]/取材・文=杉園昌之、写真=大賀好章


 複数指名とあって、NTT東日本本社の会見場には祝福ムードが流れていた。ただ、今夏の都市対抗でチームを日本一に導いた飯塚智広監督だけは、少しだけ様子が違った。

「育ってきた彼らがプロへ行くことになれば、チームとしては大きなダメージです。ちょっと複雑な心境ですし、寂しいですよね」

 日本ハムから2位指名の西村天裕は、最速154キロを誇るパワーピッチャーとして主に抑えを担った。オリックスから3位指名の福田周平は、指揮官いわく「走攻守すべてが高いレベル。メンタル的なタフさもある選手」。そしてロッテから5位指名の渡邉啓太は、投げっぷりの良さを買われて先発、抑えとしてフル回転した右腕。いずれもがNTT東日本にとって欠かすことのできない選手ばかりだ。

 一方で、「個人的にはうれしいですよ」と指名を心から喜ぶ飯塚監督の姿があるのも事実。西村には「さらに投球術を磨いていけば、プロでも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング