週刊ベースボールONLINE

ドラフト1位クローズアップ

広島1位・中村奨成 相思相愛が見事に成就。地元のヒーロー目指す 「守備に一番自信があるけど、走るほうにも自信がある」

 

取材・文=守田直樹、写真=佐々木萌

中村の広島1位指名を祝って、チームメートが赤い風船を飛ばす。近い将来、マツダ広島でこんな光景が見られるはずだ


二軍の大野寮へは自宅から徒歩5分


 熱烈ラブコールを送った広島が、地元出身の大物を引き当てた。中日の参戦で、1回目の入札では高校生捕手として初となる重複指名。ストレートな告白が実った。

 相思相愛と言えるだろう。中村にも予感めいたものがあった。

「一番早くから公表していただき、自分は地元広島ということもあって、引いてくれるだろうなという思いはありました」

 いわゆる“持っている男”だ。

「これまで持っていると思ったことはありませんが、地元のカープに引いていただき、今日はちょっとそう思いました」

 昨年は2度、抽選を外した広島・緒方孝市監督も興奮気味。中村が持つカープの印象を「厳しく育ててくれるところ」と伝え聞き、「ウチにピッタリ!」とインタビューで語った。

「緒方監督は厳しいところは厳しく、褒めるところはしっかり褒めてくれそうなイメージです。自分を一番厳しく指導してくださるチームに選んでいただけたらと思っていたんで、しっかり頑張りたい」

 広島の捕手陣は多士済々。実績のある石原慶幸會澤翼磯村嘉孝に加え、坂倉将吾という打撃の評価の高いルーキーまでそろっている。それでも1位指名したのは、中村の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング