週刊ベースボールONLINE

スペシャルトーク

坂本勇人×立浪和義 達人たちの「超野球論」(前編)

 

シーズンオフに入り、本誌では、さまざまな“夢対談“を企画しているが、その第一弾だ。巨人の強打者・坂本勇人中日のレジェンド・立浪和義氏が2号にわたり、ざっくばらんに打撃論、守備論を交わす。
取材・構成=井口英規、坂本匠、写真=榎本郁也(インタビュー)、BBM


初ヒットで天才と見抜く?


今回は、立浪氏の連載『超野球論』の特別版。舞台は10月末日の都内のふぐ料理店。プライベートでも交流があるという2人には、ともにクールなイメージがあるが、食事をしながらということもあって、時に脱線も……。書ける範囲(週べ基準)で再現していきます!

立浪 今日は忙しいところありがとう。いや、今年のオフはCSに行かなかったから暇なのかな(笑)。

坂本 CSに進出できなかったのは入団してから初めてですし……そうですね、はい(苦笑)。

立浪 CSが始まったのが2007年だから、入団の年か。巨人がCSに行かなかったこと自体初めてだしな。というか3年連続優勝しなかったのも初めてか。

──07年以後だと、2年連続も去年が2回目ですしね(10、11年)。

立浪 そうなると、オフのテレビも出づらいな。バラエティーは特に。

坂本 それは別にいいです。僕、バラエティー番組が苦手なんで……。

──今年の正月、『リアル野球盤』(テレビ朝日系番組の中の人気企画)には出てましたよね。

坂本 ずっと「成績が出てないんで」と断っていたんですが、タカさん(進行役のとんねるず・石橋貴明さん)から「そろそろ出ろ!」とメールが来まして(笑)。16年は首位打者も獲ったんで、いいかなって。立浪さんは、ちょっと前に“ゲッツー”がテーマの番組に出てましたよね。荒木(荒木雅博)さん(中日)がゲッツーで送球を受ける際は壁になったようなイメージでやると言ってましたけど、あれ、面白かったです。

立浪 『球辞苑』(NHK)ね。慎也(宮本慎也ヤクルトヘッドコーチ)も一緒に出た回か。野球好きには人気が高い番組らしいね。じゃあ、この対談も負けじとマニアックにやってみましょうか(笑)。

──ぜひ!

立浪 実は『週ベ』で2分の1ページの連載を細々やっていて。

──1ページです(笑)。

立浪 そうでしたっけ(笑)。勇人は『週べ』を読んでる?

坂本 もちろんです。コンビニにあったらいつも買ってます。僕も選手コラム連載をやらせてもらったことがありますし(11年「勇人伝」)。

──送ります。悪用しないんで、住所教えてください(笑)。

立浪 今日は編集部に奮発してもらって、勇人が好きな、ふぐ屋さんをセッティングしてもらった。楽しい話を頼むよ。評判よかったら連載が2ページになるらしいから(笑)。

坂本 (小声で編集部員に)少し高いですよ、大丈夫ですか。

──お気遣いありがとうございます。前後編にし、経費を分けます。その分、たくさん面白い話をしてください(笑)。

立浪 (編集部に)勇人に一番聞きたいことは何ですか。

──やはりバッティングの技術面で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング