週刊ベースボールONLINE

彼らが「2018年の顔」になります!

期待値MAX!? わがチームの次なるスターたち 巨人編 宇佐見真吾、吉川尚輝、大江竜聖

 

開花目前、開花必至のホープはまだまだたくさんいる。ここからは本誌の担当記者が2018年に暴れまくる(可能性が高い)「2018年の顏」候補を各チームから3人選んでみた。
※期待度は2018年のブレーク可能性 50以上=たぶん、60以上=おそらく、70以上=かなり、80以上=絶対、90以上=スターです、100=神になります

期待度90% 宇佐見真吾 食うのは阿部か、小林か


宇佐見真吾/うさみ・しんご/捕手/25歳/千葉県出身


 一軍キャリアはわずか21試合、放った安打も14本のみ(打率.350)だが、そのインパクトが強かった。プロ入り初本塁打がサヨナラ弾。初先発マスクを被れば2ランを放ち、9月5日の中日戦では途中出場ながら2点ビハインドの9回二死から同点弾と、印象に残る働き。来季よりV9を支えた森昌彦らが背負った「27」を与えられるところからも球団の期待の高さが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング