週刊ベースボールONLINE

彼らが「2018年の顔」になります!

期待値MAX!? わがチームの次なるスターたち ヤクルト編 廣岡大志、寺島成輝、梅野雄吾

 

開花目前、開花必至のホープはまだまだたくさんいる。ここからは本誌の担当記者が2018年に暴れまくる(可能性が高い)「2018年の顏」候補を各チームから3人選んでみた。
※期待度は2018年のブレーク可能性 50以上=たぶん、60以上=おそらく、70以上=かなり、80以上=絶対、90以上=スターです、100=神になります

期待度70% 廣岡大志 燕の主砲へステップアップ目指す大型遊撃手


廣岡大志/ひろおか・たいし/内野手/21歳/大阪府出身


 一昨年の一軍デビューは鮮烈だった。初出場は2016年9月26日のDeNA戦[横浜]、三浦大輔の引退試合だった。その初打席、三浦からいきなり1号3ランを放つ。“山田哲人2世”は2年目の飛躍を期待されたが、今季の一軍では不発に終わった。チームに故障離脱が相次ぎ、遊撃の定位置は空いた状態だったがチャンスをつかめず、一軍出場は11試合のみ。それでも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー