週刊ベースボールONLINE

小社選定ビッグホープ賞受賞記念インタビュー

DeNA・細川成也インタビュー フルスイングでつかむ一軍レギュラー

 

今季2人の高卒ルーキーが輝く才能の一端を一軍で垣間見せ、イースタン、ウエスタンの両リーグでビッグホープ賞を受賞した。ここでは2018年、大きな飛躍が期待できる両選手のインタビューをお贈りする。まずはプロ初打席初本塁打のデビューを飾り、日本シリーズでも高卒新人野手としては史上初となる、初打席で安打を放ったDeNAの若きスラッガー・細川成也だ。
取材・構成=滝川和臣、写真=小山真司、桜井ひとし、大賀章好、BBM

CSファイナルSでは広島・大瀬良の141キロをフルスイング、センターへ弾き返した


日本シリーズで安打、大舞台で得た経験


春季キャンプのフリー打撃でサク越えを連発。高卒ルーキーとは思えない飛距離から「アレックス・カブレラ(元西武ほか)のようだ。彼くらいのパワーがある」とラミレス監督に言わしめた。シーズン当初はプロのレベルに戸惑ったが、徐々に対応力を見せ一軍昇格を果たした。

──今季、終盤に一軍デビュー。以降、CS、日本シリーズを戦い、休む間もなく奄美での秋季キャンプへ。めまぐるしい1年目のシーズンでした。

細川 そうですね。でも、最後の最後に一軍に上がって結果を残せた。いい1年だったと思います。(10月3日、中日戦のプロ初打席で)ホームランを打てたこともそうですが、CS、日本シリーズに出場させてもらったことが大きかったです。1年目からなかなか経験できることではないですし、入団前には想像できなかったことです。

──ファームでは114試合に出場し、規定打席をクリア。ただ、打率.201、10本塁打でしたが、182三振(イースタン・リーグ記録を41も更新)。この結果をどう振り返りますか。

細川 三振が多くて、打率も残せませんでした。自分としてはもっとホームランを打ちたかったんですが、なかなかいい結果につながりませんでした。ファームで過ごした日々は「悔しい」の一言でしたね。

──どのようなところにプロのカベを感じましたか。

細川 真っすぐはとらえられても、変化球はまったく・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー