週刊ベースボールONLINE

小社選定ビッグホープ賞受賞記念インタビュー

広島・坂倉将吾インタビュー 赤ヘルの未来を背負う強打の捕手

 

坂倉将吾は、高卒ルーキーながらファームでは攻守で主力となり、堂々とした立ち居振る舞いでも存在感を発揮した。果てしないポテンシャルを秘める司令塔の目は、早くも来季の戦いへと向いている。
取材・構成=吉見淳司、写真=小山真司、BBM


試合に出ることが一番の勉強


ドラフト4位ルーキーは、周囲の予想よりもずっと早くに頭角を現した。2月の春季キャンプでは、チーム関係者が「あいつはすごい」ととにかく絶賛。厳しいボールを難なく打ち返す打撃センスと、二盗を何度も阻止する強肩。先輩投手をうならせるキャッチング技術は高卒1年目のそれではなく、早くも「将来の正捕手」の声も。そして期待の新星は、前評判どおりの大活躍でルーキーイヤーを駆け抜けた。

──ビッグホープ賞受賞おめでとうございます。この賞は過去にイチロー選手(マーリンズFA)や、山田哲人選手(ヤクルト)なども受賞していますが、坂倉選手が目指す選手像とはどのようなものでしょうか。

坂倉 今年は主に二軍でプレーしましたが、やっぱり一軍で出てなんぼの世界。一軍でマスクをかぶってチームの勝利に貢献できるようになることが一番の目標です。

──今季は一軍デビューを飾り、初安打を放ちました。

坂倉 まずは一軍に行けるように、と思ってやっていたので、具体的にヒットを打ちたいとは(頭の中で)描いていなかったですね。

──その安打以外にも、ファーム日本選手権では決勝3ランを放つ活躍もありましたが、1年間で手応えを得たシーンはありますか。

坂倉 うーん……これをつかみ切った、というものはないんですよね。つかみかけては調子を落とし、またつかみかけて……という繰り返しだったので、特に「これが」というきっちりしたものはなかったですね。

──NPBアワーズでは、ビッグホープ賞だけでなく、優秀選手賞などさまざまな賞を受賞しました。

坂倉 今シーズンは本当に大きい1年にさせてもらいました。試合に出ることが一番の勉強なので、試合に出させていただいたことが本当に良かったと思います。

──勉強になった点は。

坂倉 通用したというところは、はっきりと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー