週刊ベースボールONLINE

彼らが「2018年の顔」になります!

期待値MAX!? わがチームの次なるスターたち ソフトバンク編 笠谷俊介、栗原陵矢、茶谷健太

 

開花目前、開花必至のホープはまだまだたくさんいる。ここからは本誌の担当記者が2018年に暴れまくる(可能性が高い)「2018年の顏」候補を各チームから3人選んでみた。
※期待度は2018年のブレーク可能性 50以上=たぶん、60以上=おそらく、70以上=かなり、80以上=絶対、90以上=スターです、100=神になります

期待度70% 笠谷俊介 強気の攻めで三振奪う爽やか左腕


笠谷俊介/かさや・しゅんすけ/投手/21歳/大分県出身


 自分を変えたかった。故障がちだったこともあり、今シーズンを前にした1月の自主トレで左腕エース・和田毅に弟子入りを志願。ハードな練習に必死に食らいつき、体力強化に努めた。球威を増した直球は低めで伸び、バットが空を切る。今季ウエスタン・リーグでは13.06の奪三振率をマークした。強打者にも決してひるむことのない強気の投球で日本シリーズ出場資格者40人にも名を連ねた若鷹左腕は、一軍初登板から3試合で奪った5つの三振と歓喜の瞬間に立ち合った経験を糧に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー