週刊ベースボールONLINE

彼らが「2018年の顔」になります!

期待値MAX!? わがチームの次なるスターたち 広島編 中村祐太、高橋昂也、長井良太

 

開花目前、開花必至のホープはまだまだたくさんいる。ここからは本誌の担当記者が2018年に暴れまくる(可能性が高い)「2018年の顏」候補を各チームから3人選んでみた。
※期待度は2018年のブレーク可能性 50以上=たぶん、60以上=おそらく、70以上=かなり、80以上=絶対、90以上=スターです、100=神になります

期待度80% 中村祐太 一軍完走を誓う伸び盛り


中村祐太/なかむら・ゆうた/投手/23歳/東京都出身


 右肩の故障などに悩まされていたが、今季高卒4年目にして一軍デビュー。初登板初先発となった5月3日の中日戦[マツダ広島]で初勝利を飾ると、二軍調整を挟みながらも終盤まで先発ローテーションに加わり、5勝を挙げた。クセのないきれいなフォームから投げ込む伸びのあるストレートを武器に飛躍を遂げたが、「後半戦はホームランを打たれることも多くなっていた」と反省。秋はワインドアップのフォームを固めることに心血を注いだ。来季に目指すは一軍完走。そして・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー