週刊ベースボールONLINE

2017年12の難事件の真相解明に挑む!

ソフトバンク最強リリーフ陣の全容(1) どこまでもすごかったサファテの全984球

 

36歳にして前人未到の数字で球史に名を残した鷹の守護神・サファテ。セーブ機会で驚異の強さを発揮し、見る者を「打てる気がしない」とうならせた投球に迫る。


完了まであと少し“二死”でのすごみ


 史上最多を大きく更新するシーズン54セーブでの3年連続最多セーブ、シーズンMVP、日本シリーズMVP、そして外国人選手では初となる正力松太郎賞──。シーズン中には外国人選手の最多セーブ数を更新し、200セーブの大台に到達。最終的には通算229セーブとして名球会入りの基準である250セーブまで残り21セーブとした。

 サファテにとってまさに記録尽くめの1年。工藤公康監督が「自分たちの野球。先制点を取って6回以降は万全のリリーフ陣がいるので、しっかり守り切っていく」というチームの基盤、ベースとなる戦術の要として、圧倒的な存在感を放った。

 ではサファテの何がすごかったのか。残した数字が驚異的だったのは言うまでもない。今季最速159キロをマークしたストレートに大きなタテ割れのカーブ、フィニッシュブローのフォークを駆使し、トータルでは66イニングで102三振を奪って奪三振率は13.91、被打率は.154を誇り・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング