週刊ベースボールONLINE

MLBリポート

マイク・ソーシア監督(エンゼルス)が描く 大谷翔平と二刀流の未来

 

アメリカで二刀流は成功するのか──。大谷翔平のエンゼルス入りが決まり、日米の野球ファンの間でさらに話題が沸騰しているが、果たしてエンゼルスの指揮官はどう考えているのか。18年間、チームを率いるマイク・ソーシア監督は言う。「チャレンジだとは思っていない。創造性を発揮するチャンスだ」と──。
文=樋口浩一、写真=川口洋邦


 メジャー・リーグでほとんど前例のない投打二刀流。大谷翔平がその実現に取り組むのはたやすいことではないが、エンゼルスのマイク・ソーシア監督は「チャレンジだとは思っていない。創造性を発揮するチャンスだ」と、前向きにとらえた。現地時間12月13日、米国フロリダ州レークブエナビスタで行われたウインター・ミーティングの監督会見での発言だ。

 大谷にはもちろん、投打の即戦力として期待している。特に投手としては先発1番手か2番手の位置付けだ。打者としては「彼の打力は信頼している。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング