週刊ベースボールONLINE

新春スペシャル対談

日本を代表するエースの夢対談 巨人・菅野智之×楽天・則本昂大 ライバルを超えた、かけがえのない関係

 

日本球界を代表するエースだ。2013年のプロ入りから互いを認め合い切磋琢磨。新シーズン、そして20年の東京オリンピックに向けてもさらなる成長と進化を誓い合う。日本球界のレベルアップに大きく寄与する2人による、新春を飾るにふさわしいプレミアムな対談をお届けする。
構成=坂本匠、阿部ちはる、写真=小倉元司(インタビュー)、BBM、協力=テレビ東京


登板前夜のステーキ、菅野大量失点のワケ


菅野智之が1学年上だが、プロの世界へは2013年の同期入団。この年はともに巨人楽天でリーグ制覇に貢献し、日本シリーズでも顔を合わせた(楽天が初の日本一)。以来、互いを意識し、次第に認め合うようになっていったという。そんな2人はエピソードに事欠かないが、まずは17年、『菅野大量失点事件(5月30日、Koboパーク宮城での楽天対巨人。先発の菅野は17年ワーストの5回8失点、自責点6でKO。チームは5対13で大敗を喫した)』の真相からスタートしよう。

──2人で食事に行くときは、どんな話をするんですか。

菅野 野球の話が多いよね?

則本 前に食事に行ったときは、ワインの種類について話しましたね。

菅野 珍しく飲んだよね、この前。

則本 あれ、おいしかったですから。

菅野 あぁ……。オレが普段飲ませているのはおいしくないから(いつもは)飲まなかったわけか。

則本 違います! そういうことじゃなくて。いつもおいしくいただいています。ワインはそれまであまり飲まなかったんですけど、あのワインは(特に)おいしかったですから。

菅野 ……そうだね。

則本 シーズン中、いつも菅野さんのピッチングをチェックしているんです。17年は特に点を取られないな〜と思いながら見ていたんですけど、ウチとの試合で大量失点したときは、前日に一緒にご飯に行っていて……。

菅野 そう! ノリの策略にはまったんだよ。

則本 (爆笑)。ちょっと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング