週刊ベースボールONLINE

2018年シーズン展望

【12球団“最速”戦力分析】西武・強力な攻撃陣を前面に10年ぶりの頂点へ

 

2018年シーズンはセ・パ両リーグとも、3月30日に開幕する。10月まで続く長く熱いペナントレースを制すのはどのチームか。どこよりも速い12球団戦力分析をお届けする。
※データは2017年12月24日現在。チームの総合力はA+〜Eの10段階評価


 2008年以来、10年ぶりの優勝を狙う18年もチーム最大の武器は攻撃力だ。17年、リーグ1位のチーム打率.264、同2位の135本塁打。同1位の129盗塁と足も絡め、リーグ断トツの690得点を挙げた。野手で補強は松井稼頭央のみと顔ぶれに変化はないが、個々の成長が攻撃力をより強固なものにする。

 17年、主に一番を打ち、初めて首位打者に輝いた秋山翔吾。自己最高の25本塁打を放ったが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング