週刊ベースボールONLINE

2018年シーズン展望

【12球団“最速”戦力分析】オリックス・投打の軸は確立。中間層の底上げで上位へ

 

2018年シーズンはセ・パ両リーグとも、3月30日に開幕する。10月まで続く長く熱いペナントレースを制すのはどのチームか。どこよりも速い12球団戦力分析をお届けする。
※データは2017年12月24日現在。チームの総合力はA+〜Eの10段階評価


 充実の戦力で低迷打破を期す。投手陣はエース・金子千尋を筆頭に、西勇輝、ディクソンの3本柱は健在だ。2年目の山岡泰輔山本由伸に、2017年途中に先発再転向した吉田一将とコマがそろう。6投手はいずれも右腕だが、左腕は松葉貴大山崎福也の2人に、ドラフト1位の田嶋大樹、新外国人のアルバースが加わり、左腕不足は解消される見込み。シーズン後には冒頭の“3本柱”が変わっている可能性も十分にあるほど、キャンプから先発ローテを巡る熾烈な争いが予想される。

 救援陣も整備済み。平野佳寿のメジャー移籍で、懸案事項だった抑えに、日本ハムからFAの増井浩俊を獲得し・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング