週刊ベースボールONLINE

2018球春到来! 連覇に挑む男たち

ソフトバンク・内川聖一インタビュー “新しい” は “楽しい” 「後悔しないように今やれることは全部やりたい」

 

さあ、球春の到来だ。一斉にキャンプインした12球団の中でリーグ連覇を目指せるのは2チームのみ。そのチームの核となる2選手に「週刊ベースボール」の球春を告げてもらおう。パ・リーグの覇者、そして日本一のソフトバンクのキャプテンとして4年目のシーズンを迎えた36歳の年男・内川聖一にチームの連覇と個人的な記録も懸かる今季への意気込みを聞いた。
取材・構成=菊池仁志、菅原梨恵、写真=湯浅芳昭


キャプテンとして監督が求めるものを体現


昨季は94勝49敗、勝率.657を誇って2年ぶりのリーグ制覇を果たし、クライマックスシリーズでは楽天を、日本シリーズではDeNAを、苦しみはしながらも最後は力の差で寄り切ったソフトバンク。その充実の戦力は今季も大きな変化はない。キャンプインとともに連続日本一への道のりが始まった。

──連覇が懸かった1年がスタートしました。

内川 工藤(工藤公康)監督もおっしゃっていたのですが、連覇という発想というよりも、もう一度、全員で日本一を取りにいく意気込みです。昨年どうこうではなく、今年は今年で2018年版の福岡ソフトバンクホークスを作り上げていくつもりでいます。当然、勝てば「連覇」になるんですけれども、心の中ではゼロからスタートして、あらためて日本一を目指していきます。

──日本一を達成した昨季から、戦力面で大きな変化がないことは、チームの戦い方を固めていく上では大きなメリットでしょう。

内川 メーンになるメンバーは、ずっと一緒にやってきているので、それぞれの持ち味を理解していますし、コミュニケーションも取りやすい。分かり合えている点では、そこをより強くしていければいいなと思いますね。変化と言えば、今季は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング