週刊ベースボールONLINE

2018新助っ人カタログ

【2018新助っ人】真の戦力になるのは誰だ!? 新助っ人カタログ セ・リーグ編

 

2018年シーズンを占う上で、チームに大きな影響を及ぼすであろう“新助っ人”たち。未知数の存在でありながら、懸かる期待は大きい。今季の新外国人たちはどんなプレーを見せてくれるのか。チームはどんな役割を求めて獲得したのか。12球団の新助っ人たちを総チェック!
※情報は2月11日時点 ※年齢は2018年の満年齢。能力メーターの「適応力」はNPBへの適応力。育成契約の新外国人選手は除く

阪神・新助っ人 3人(投手2、内野手1)


ウィリン・ロサリオ内野手
チームが待ち焦がれた四番。打線のけん引役に

前所属:韓国・ハンファ/29歳/180cm100kg/右投右打


 メジャー400試合以上に出場して通算打率.273、71本塁打。韓国では2年連続で3割、30本塁打、100打点以上を記録した阪神が待ち焦がれた四番候補だ。キャンプ初日から大飛球を放つなど周囲のド肝を抜いている。紅白戦でも柔軟な打撃で、追い込まれてもしっかりミートできる技術を見せ、対応能力の高さを見せた。100キロの巨漢ながら昨季10盗塁を記録したソツのない走塁技術も備える。一塁守備もうまくチームのけん引役になりそうな気配だ。

能力メーター
ミート 4.0
パワー 5.0
機動力・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング