週刊ベースボールONLINE

12球団開幕投手物語

【12球団開幕投手物語】ソフトバンク・経験と実績で白星がっちりも、過去には……

 

長いプロ野球の歴史で、開幕投手の栄誉に浴した男たち。その一人ひとりに多くのドラマがある。ここでは12球団別に過去の開幕投手を振り返りながら、物語に紡ぎ上げていく。
※記録は2リーグ制以降

開幕戦での初登板初勝利からキャリアをスタートさせた杉浦忠


ホークス“唯一”は南海の大エース


 現監督の工藤公康も1995年と98年の2度、務めているホークスの開幕投手。過去20年を見ても、10年以上のキャリアもしくは2ケタ勝利が2年以上といった経験と実績のある投手を選び、勝ちをつかんでいる。

 しかし時代をさかのぼると、唯一、ルーキーイヤーに開幕投手を任された投手がいる。58年の杉浦忠だ。当時のチーム状況はこうである。山本一人(鶴岡)が監督となった46年から優勝6回(46、48、51〜53、55年)、1リーグで日本一2回(46、48年)。しかし、56、57年は西鉄に苦杯。そこで山本監督は、立大史上最高の通算36勝を挙げたアンダースロー右腕でこれを打開しようと、開幕投手に大抜てきした。

 4月5日の東映戦(駒沢)。杉浦は緊張していた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング