週刊ベースボールONLINE

12球団開幕投手物語

【12球団開幕投手物語】西武・大役を3年連続以上務めたのは6投手

 

長いプロ野球の歴史で、開幕投手の栄誉に浴した男たち。その一人ひとりに多くのドラマがある。ここでは12球団別に過去の開幕投手を振り返りながら、物語に紡ぎ上げていく。
※記録は2リーグ制以降

6度、開幕投手を務めた松坂。しかし、勝利を挙げたのは02年のみと相性は悪い


今年、菊池雄星が無事に務めれば左腕初!


 ライオンズでは過去28人が開幕投手を務めているが、3年連続以上で大役を果たしたのは稲尾和久田中勉東尾修西口文也松坂大輔涌井秀章の6人だ。今年は菊池雄星が内定しているが、これで3年連続。過去の6人はすべて右腕だったので、菊池がアクシデントなく、無事に開幕マウンドに上がれば、左腕では初の出来事となる。

 球団最多の4勝を挙げている稲尾は西鉄時代、1960年から4年連続で最後まで投げ抜いて、すべてに勝利。61、62年は連続完封勝利だ。特に61年は小倉で近鉄を3安打でシャットアウトすると、そこから先発、リリーフにフル回転。78試合に投げ、史上最多タイの42勝をマークする驚異のピッチングを見せた。

 10試合と球団最多登板を果たしている東尾だが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング