週刊ベースボールONLINE

12球団開幕投手物語

【12球団開幕投手物語】オリックス・“黄金期”と“低迷期”が色濃く分かれ…

 

長いプロ野球の歴史で、開幕投手の栄誉に浴した男たち。その一人ひとりに多くのドラマがある。ここでは12球団別に過去の開幕投手を振り返りながら、物語に紡ぎ上げていく。
※記録は2リーグ制以降

1975年に初の開幕マウンドに立った山田は同年から12年連続で大役を務めた


Vへのけん引者として各年代のエースが躍動


 長身からムチのように左腕をしならせ、快速球を投げ込んだ梶本隆夫や史上2位の通算350勝を挙げ、底なしのスタミナから“ガソリンタンク”の異名を取った米田哲也。名立たる歴代の開幕投手たちの中でも、ひと際輝くのが阪急時代の1975年から12年連続で大役を務めたサブマリン・山田久志だ。山田が開幕マウンドに立ち続けた間、チームは5度のリーグ制覇(75〜77年は3年連続日本一)と“大エース”が黄金期をけん引した。雨天で2日順延された悪条件の中で行われた86年のロッテ戦(川崎)では、村田兆治と投げ合い、9回2失点で完投勝ち。通算成績もすさまじく、10完投2完封で8勝2敗。5年連続開幕勝利投手は、今なお日本記録として残っている。

 87年からは佐藤義則が3年連続で開幕マウンドに上がり、89年の近鉄戦(藤井寺)で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング