週刊ベースボールONLINE

12球団開幕投手物語

【12球団開幕投手物語】日本ハム・エース&サプライズ起用の歴史

 

長いプロ野球の歴史で、開幕投手の栄誉に浴した男たち。その一人ひとりに多くのドラマがある。ここでは12球団別に過去の開幕投手を振り返りながら、物語に紡ぎ上げていく。
※記録は2リーグ制以降

5年連続で大役を務めたダルビッシュ有だが、3敗を喫するなど開幕戦は苦戦した


栗山監督が特別視する。開幕戦で生まれたドラマ


 2004年に北海道移転後、開幕マウンドには8人の投手が登板。07年から5年連続で大役を務めたダルビッシュ有をはじめ、15年から2年連続で登板した大谷翔平ら歴代のエースたちが節目を飾ってきた。だが18年は大本命でエース格の有原航平が右肩の炎症で大きく出遅れ、移転後9人目の開幕投手が誕生しそうだ。現状の有力候補は高梨裕稔上沢直之、新助っ人のマルティネスらの名前が挙がる。

 栗山英樹監督は開幕戦を特別視する指揮官だ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング