週刊ベースボールONLINE

12球団開幕投手物語

【12球団開幕投手物語】ロッテ・偉大なる大エースと開幕戦での勝負弱さ

 

長いプロ野球の歴史で、開幕投手の栄誉に浴した男たち。その一人ひとりに多くのドラマがある。ここでは12球団別に過去の開幕投手を振り返りながら、物語に紡ぎ上げていく。
※記録は2リーグ制以降

ロッテ史上最多の215勝をマークした村田は開幕投手の個人記録も総なめにする


開幕マウンドへ13度立ち「29」をエース番号に


 2リーグ分立とともに毎日オリオンズとしてパ・リーグに参戦した初年度の1950年、西鉄戦(西宮)でチーム初の開幕投手を任されたのはルーキーの榎原好だった。1失点で完投勝利をマークしたが、新人の開幕戦での初先発初勝利は今でも球団史上唯一の記録だ。

 その後は「火の玉投手」荒巻淳が4度、小野正一坂井勝二木樽正明が各3度の開幕投手を務めるも、いずれも2年連続までが最多。そんな中、75年に初の大役を果たし、大エースに君臨していったのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング