週刊ベースボールONLINE

12球団開幕投手物語

【12球団開幕投手物語】阪神・大エースの快投あり、11連敗もあり

 

長いプロ野球の歴史で、開幕投手の栄誉に浴した男たち。その一人ひとりに多くのドラマがある。ここでは12球団別に過去の開幕投手を振り返りながら、物語に紡ぎ上げていく。
※記録は2リーグ制以降

開幕最多6回に最多奪三振と開幕でも球団記録を作っている江夏


小山、村山、江夏の大投手が大役を


 過去に阪神には大エース呼ばれる投手が数人いた。その中で開幕試合最多登板は通算320勝を挙げた小山正明と206勝193セーブの江夏豊の6回だ。2人に共通しているのは小山10年、江夏9年という比較的短い在籍でありながら6度の開幕投手を務めているということ。それだけ存在感が大きかったことを表している。

 小山はプロ2年目の1954年に初の大役を担った。プロ1年目5勝1敗の成績のみでの指名となった。その後は、61年から3年連続で大役を果し、6度の開幕登板で4勝を挙げた。その次を担ったのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング