週刊ベースボールONLINE

12球団開幕投手物語

【12球団開幕投手物語】中日・“奇策”で2度のリーグV

 

長いプロ野球の歴史で、開幕投手の栄誉に浴した男たち。その一人ひとりに多くのドラマがある。ここでは12球団別に過去の開幕投手を振り返りながら、物語に紡ぎ上げていく。
※記録は2リーグ制以降

チーム最多の7度の開幕投手を務めた川上


平成のエースが圧巻ピッチング


 歴史ある伝統球団だが、昭和の大エースの名前が多く挙がる他球団とは違い、開幕戦最多先発(7)、同勝利(3)のチーム記録を保持するのは、平成のエースである川上憲伸。14勝を挙げて新人王に輝いた翌年、入団2年目の1999年に早くも大役を任されると、2003、05〜08、14年にもマウンドに上がった。ハイライトは05年。横浜(現DeNA)の三浦大輔と投げ合いとなり、お互いに譲らず8回まで両軍ゼロ行進。川上が9回を6安打無四球7奪三振で無失点の快投を見せると、9回裏に無死満塁からアレックスが劇的なサヨナラ満塁弾を放ち、熱戦に終止符を打った。開幕戦で完封勝利を挙げたのは川上のほか・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング