週刊ベースボールONLINE

スペシャルリポート

全米にSho撃走る!二刀流達成へ大谷翔平が神発進!ベーブ・ルースの再来か、それ以上か!?

 

エンゼルスの大谷翔平が開幕からわずか1週間で世界中にセンセーションを巻き起こしている。デビュー戦で初安打を放てば、初先発で勝利を挙げ、本拠地デビュー戦の第1打席で初本塁打をかっ飛ばし、そこから3試合連続の本塁打、そして7回12奪三振で2勝目。このリアル二刀流出現の衝撃に全世界が「日本のベーブ・ルースだ!」と驚がくした。
※日付は現地時間 成績・情報は現地時間4月8日現在 写真=Getty Images

ベーブ・ルースの写真はブレーブス時代のもの


チームメートも舌を巻く、巧みでパワーのある打撃


 昨季のサイ・ヤング賞投手、コーリー・クルーバーから本塁打を放った現地時間4月4日のインディアンス戦後、会見場でのマイク・ソーシア監督の言葉が衝撃的だった。

 記者にイチロー松井秀喜ダルビッシュ有らほかの日本のスター選手がデビューしたときとの比較を求められたのだが「期待度で言えば、ケン・グリフィーJr.あるいはマイク・トラウトと比べないといけないだろう」と答えたのだ。

 グリフィーはMVP1回、それ以外にもMVP投票で5位以内が4度、トラウトはMVP2回、同様に投票2位が3度、4位が1度である。つまり、比較対象とするのならMLBを背負って立つ看板選手だというのだ。現役監督最年長の19年目、選手時代も含めると40年近くメジャーの世界にいるソーシアの言葉だけに重みがある。

 確かにすさまじいメジャー・デビューだった。初先発は平均97.8マイル(約156キロ)の真っすぐで押し、スプリットとのコンビネーションで18個の空振りを奪った。打っては3試合連続のホームランに加え、打球速度もケタ違い。初本塁打のときのザック・マカリスターの95マイル(約152キロ)の真っすぐを痛打した当たりの初速は112.8マイル(約180キロ)。エンゼルス打撃陣の中では、昨季8月以来の速さだった。

 試合後、チームメートのザック・コザートの言葉が印象的だった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング