週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト特集

“戦国東都“を制圧する 東洋大150キロ右腕トリオ

 

1試合1試合、1プレーが進路を決める上で、すべてがプロへのアピールとなる。当然、相手チームとの対戦に集中するわけだが、やはり、ネット裏スカウトの視線も気になるところ。有力選手の動向をリポートしていくが、まずは、東洋大をけん引する3人の150キロ右腕である。
取材・文=佐伯要

埼玉県川越市内のグラウンドへ下がる階段で談笑する3人。今春は力を結集して東都3連覇を狙っている/写真=桜井ひとし


 この春、東洋大の150キロトリオがスカウトの熱視線を集めている。最速155キロの甲斐野央、153キロの梅津晃大、151キロの上茶谷大河。150キロの大台を超える3人は新入生として参加した1年春(2015年2月)の千葉県鴨川市でのキャンプから「かい・ちゃた・つ」とまとめて呼ばれ、常に比較されてきた。

 東洋大入学当時、甲斐野と梅津の球速は140キロを超えていたが、上茶谷は130キロ台だった。

 3人の中で、最初に頭角を現したのは甲斐野だった。2年春の専大2回戦で150キロを計測した。

 この瞬間を、梅津と上茶谷は神宮球場のスタンドから制服姿で見ていた。「オレたち、このままじゃダメだな」と2人で話したという。

「ライバル・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング