週刊ベースボールONLINE

レオ戦士インタビュー

西武・栗山巧インタビュー 35歳からのスタートライン 「自分に期待できるのは、すごく楽しいです」

 

ライオンズのユニフォームを着て、17年目のシーズンだ。今年で35歳を迎える栗山巧。チームの歴史を背負いながら、視線は新たな地平を見据えている。
取材・構成=小林光男、写真=榎本郁也、BBM

西武・栗山巧


「1」にまだ違和感が


 1983年9月3日に、この世に生を受けた栗山巧だが、同年は西武ライオンズにとってはエポックメーキングなシーズンだった。埼玉に移転して5年目。前年、広岡達朗新監督の下、日本シリーズでは中日を下して初めて日本一に輝いていた。しかし、球団の野望は尽きない。球界の新盟主となるには、倒さなければならない相手がいた。

 それが巨人だ。83年、リーグ連覇を果たした西武は日本シリーズで藤田元司監督率いる巨人と激突した。逆転に次ぐ逆転の、球史に残る日本シリーズ。最終第7戦も巨人に試合を有利に進められたが、西武は7回、テリーの走者一掃のタイムリーで逆転、勝負を決めた。

 もちろん、83年に日本一になったことは知っていますよ。(初めて球界の盟主と言われた巨人を下した年に生まれたことは)こじつけのような感じもしますけど(笑)、悪くないですね。球団が78年秋に埼玉に移転して、今年で40周年。僕の人生より、長いわけですから。節目のシーズンだという思いはもちろんあります。

 88年、98年、2008年と10年周期で優勝して、今年はそのシーズンに当たることも言われていますけど、そういえば前回の08年もユニフォームに30周年のワッペンを着けていたな、と。まあ、選手にとっては毎年、優勝したいですし、その思いは変わりません。

 僕にとって西武ライオンズという球団は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング