週刊ベースボールONLINE

黄金の獅子 埼玉西武ライオンズ特集

最強の獅子ウォッチャー!中川充四郎氏が語る。西武ライオンズ監督列伝 「結局、“広岡野球”が受け継がれているんです」

 

初代指揮官を務めた根本陸夫監督から現在の辻発彦監督まで、球団40年の歴史の中で9人の監督がチームを率いてきた。それぞれの方法論で手腕をふるってきたが、間近でつぶさに取材をしてきた元文化放送ライオンズナイター・コメンテーターの中川充四郎氏の目にはどう映ってきたか。代々の監督について語ってもらった。
取材・文=中島大輔 写真=BBM

広岡達朗/私生活、食事まで厳しく指導する「管理野球」を貫いた


広岡監督のやり方は現在なら失敗


 今から40年前の1978年オフ、西鉄が本拠地を置いていた福岡から所沢に移ってきた西武は、新しい球団としてチームを作っていきました。

 その中心になったのが根本陸夫さん。79年から3シーズン監督を務めながら、フロントのような仕事をしていました。監督を退いた翌年の82年に西武は初優勝しますが、根本戦略が当たったと思います。

 当時よく聞いたのは、「根本さんは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング