週刊ベースボールONLINE

新時代の二塁手特集

広島・菊池涼介 広い守備範囲を維持したうえで「失策ゼロ」の究極目標に挑む

 

新鋭・吉川尚輝(巨人)の守備がファンの間で話題になっているが、「セカンド守備」と言えば、現役選手の中で実績ナンバーワンは、何といっても菊池涼介(広島)だ。驚異的な守備範囲の広さを誇り、かつ堅実。今季は究極の目標も視野に入っている。


 菊池涼介が最強二塁手たるゆえんが、ある数字でも示されている。それはシーズン最多記録の535補殺。レギュラー2年目の2014年にマークしたが、前年に自身が記録した528補殺を更新したものだ。2016年も525補殺と、歴代ランキング上位を独占している。

 補殺数は広い守備範囲を計る物差し。菊池自身もこだわりを明かしてきた。高い身体能力に由来するが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング