週刊ベースボールONLINE

名二塁手が明かす“グラブ愛”

元大洋、横浜ほか・高木豊が明かす“グラブ愛”「アメリカ製はあこがれ。一から作り上げるのが楽しい」

 

1983年に二塁手としてダイヤモンドグラブ賞を獲得し、87年には二塁手の歴代最高守備率.997をマークした高木豊氏。中大時代のアメリカ遠征中にローリングスのグラブを手にして以来、その奥深さ、魅力に没頭していったという。

先輩たちから技術を盗み、二塁手として成長していった。そのアシストをしたのがこのローリングスのグラブだ


信用に至るグラブはなかなかない


 本場のグラブへのあこがれが存在した時代。例に漏れず、高木氏もローリングスのグラブを手にすると、その虜となっていく。その武器とともに、生存競争の厳しいプロの世界でたくましく戦っていく。

 僕が現役時代に使っていたグラブはローリングスです。野球の本場・アメリカ製ですし、われわれの時代の選手にとってはあこがれでしたよね。一番の醍醐味といえば“わがままなヤツ”をどう手懐けるか。最初は硬いし、形にもなっていないというような状態のところから、自分の使いやすい形に作り上げるというところが楽しかったですね。

 このメーカーとの出合いは、中大時代にさかのぼり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング