週刊ベースボールONLINE

新時代の主砲インタビュー

巨人・岡本和真インタビュー 覚醒の大砲、不動の心「今は四番を打たせてもらっていますけど、やることは変わりません」

 

オープン戦打点王のパフォーマンスで開幕オーダーに名を連ねると、安打を積み重ねてついには読売巨人軍第89代四番打者へ上り詰めた。“近未来の四番”と期待され、入団して4年。いよいよ岡本和真が覚醒の時を迎えている。
取材・構成=坂本匠、写真=前島進、BBM


打撃主要3部門で上位。ミスショットが激減


 過去3シーズンの成績は、通算で13安打、1本塁打、6打点。高卒1年目の2015年から一軍での出場機会が与えられたものの、岡本和真は結果を残せずにいた。高橋由伸監督契約最終年の3年目を迎え、チームが若返りへ大きく舵を切ったことで、吉川尚輝とともにキャンプから積極起用されると、オープン戦打点王の勢いそのままに、開幕から見事なパフォーマンスを見せる。6月末日時点で85安打、14本塁打、45打点はいずれもキャリアハイ。打率.310はリーグ8位、本塁打は同6位、打点は同4位と堂々たる成績で、チーム打率リーグトップを誇った打線を力強くけん引している。

──オールスターのファン投票選出、そして初出場決定おめでとうございます。

岡本 ありがとうございます。選んでいただいて、本当にありがたいです。

──岡本選手には開幕直前にインタビューをお願いしていて(→こちら)、このときはまだ、レギュラーの最有力候補の1人という位置付け。「1年間一軍にいたことがないので、今季はそこを最低ラインとしています」と目標を話してくれました。さすがにその時点では、オールスター出場まで思い描いていなかったと思います。

岡本 本当に、驚きのほうが大きいです。オールスターはもちろん、小さいころからテレビなどで見ていて、すごい選手ばかりが出ている大きなイベント。その中で僕がプレーさせてもらえることはありがたいことだと思っています。ファンの方にはフルスイングを期待してもらっていると思うので、打席に立ったら、思い切ってバットを振りたいと思います。

──プロ2年目の2016年に出場したフレッシュオールスターでは大きなホームランを放ってMVPに輝いています。この年のファーム日本選手権でも同じように優勝を手繰り寄せる一発を放ってMVP。お祭り事には強い印象があります。

岡本 一軍では初めてですし状況が違うので……(苦笑)。でも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング