週刊ベースボールONLINE

新時代の主砲インタビュー

オリックス・吉田正尚インタビュー 一球で仕留める「四番起用の『期待』と『信頼』に応えて、チームに『安心感』を与えたい」

 

豪打ばかりではない。期待される本塁打こそ10本と、量産には至っていない中で、際立つのが得点圏打率3割超の勝負強さだ。好結果の要因である“意識”は『一球で仕留める』こと――。6月10日から四番に座るプロ3年目のバットマンは、自らの仕事を果たすため、準備と反省を欠かさない。
取材・構成=鶴田成秀、写真=佐藤真一、BBM


“うれしい悩み”からバットも昨季の形状へ


 日々の試合で得られるのは結果だけではない。見つかるのは課題も同じだけある。ただ、新人年から2年間、腰痛に泣かされた吉田正尚にとって、それは“うれしい悩み”。試合に出続ける喜びを持つからこそ“感覚のズレ”を早期に修正させ、成績も上昇気流を描いている。

──開幕前に掲げていた目標は『フル出場』。ここまで全試合出場を続けています。

吉田 『試合に出続けていること』よりも『この時期』に一軍で戦えていることがうれしいですね。ずっとケガで大事な時期にいなかったので。チームの順位が決まっていない中で、戦力としてプレーできている。キャンプ、オープン戦とシーズンに向けて準備をしてきた『過程』が正しかったのか。今年は、その過程が、しっかりシーズンにつながっているので。

──その過程を経て、試合に出続けてきた中で新たに感じることはありますか。

吉田 長いシーズンを戦う中で、やっぱり(調子の)波をなくさないといけない。そのために・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング