週刊ベースボールONLINE

真夏の激闘 解説者の視点

広島OB・小早川毅彦氏が語るカープ強さの秘密「独走の原動力となった、カープ打線の強さには理由がある!」

 

8月を迎えたところで、早くも2位に大差をつけ、独走態勢を固めつつある広島。強力打線をバックに、投手陣が何とか踏ん張るというスタイルで、勝ち星を重ねている。この調子のまま3連覇へと突っ走ることができるのか。カープOBでもある評論家の小早川毅彦氏に、その強さの理由と、今後の展望を聞いた。
構成=藤本泰祐 写真=BBM

今季も好成績で打線を引っ張る丸佳浩


緩まず打撃を追求する丸ら主力の姿がチームに伝わる


 今季のカープが首位独走態勢になっている理由としては、やはり打線の力が何より大きいでしょう。打線が点を取れる。他球団と比べると、相手投手が速いストレートを持っている場合でも、しっかりとらえられるバッターが多くいるということが言えます。

 今季も丸佳浩、鈴木誠也といったところが中心になって引っ張っていますが、例えば丸にしても、2年続けての好成績。数字が似ていますから、一見、外からは当たり前のことのように見えるかもしれませんが、プロの世界で「2年続けて好成績」というのは、常に成長をし続けていないと残せないものです。丸を見ていると、いつもこだわりを持って、自分の打撃を追求し続けています。絶えず自分の状態をチェックし、ベンチでメモを取ったり、相手の研究も欠かしません。丸のようにトップを走っている選手が、気の緩みもなく、スピードを緩めない、という姿勢を見せていますから、後輩の選手にもそれは伝わっていきます。今では、チーム全体に、そういう意識が広がっているのではないでしょうか。

 鈴木も、去年の骨折から、体調は今一つ思わしくないのでしょうけれども・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング