週刊ベースボールONLINE

真夏の激闘 データで見るカープの底力

広島・優勝マジックも点灯目前!首位を独走しているのはなぜ?

 

チーム打率.264はリーグ2位、防御率4.07は同3位と決してズバ抜けているわけではないのに、他の5球団を寄せ付けない。不思議だけれど納得!な広島の強さが分かる“キーポイント”を見ていこう。
写真=BBM ※記録、成績は8月5日時点

【“打”のキーポイント】代役たちの活躍&怖い下位打線



 故障者によりチームの戦力は低下するものだが、今季の広島は大きなマイナスを感じさせない。4月の鈴木誠也離脱時には代わって四番に入った松山竜平が3割を超える打率を残し、右翼を守った堂林翔太下水流昂野間峻祥らがおのおのヒーローとなる活躍を見せた。4月29日から約1カ月、丸佳浩が離脱した際も、野間が攻守で穴埋め。.373の好打率で、丸復帰後も左翼で出場機会をつかんだ。

 しかし、その野間が7月21日の巨人戦(マツダ広島)で左足首付近を負傷し、登録を抹消。すると今度は、代わって左翼に入ることの増えたバティスタが11試合で打率こそ.220ながら4本塁打、10打点と奮闘している。

 また、他球団にとって脅威となっている・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング