週刊ベースボールONLINE

年代別優勝捕手カタログ

【1990年代】野村の教え子、古田敦也の時代/年代別優勝捕手カタログ

 

「黄金時代に名捕手あり」は球界の真理だ。チームを陰から支える重要なポジションであることは時代が変わっても変わらない。ただ、年代によって多少傾向が違ってくる。ここでは2リーグ誕生の1950年から振り返ってみたい。


 セの90年王者は89年から連覇の巨人。マスクをかぶったのは、村田真一だ。打撃もよく同年は打率.273。地味ながら、90年代の先発三本柱、斎藤雅樹槙原寛己桑田真澄をはじめ投手陣の信頼が厚かった男だ。


 90年代のセに君臨した最強捕手がヤクルトに90年入団した古田敦也だ。もともと攻守に抜群の野球センスを持っていた男で、圧巻の強肩とともにスローイング技術も絶品だった。打撃でもプロ2年目に早くも首位打者。監督が野村克也だったことも大きかった。時に試合中にも説教されながら、インサイドワークを鍛えられ、92、93、95、97、2001年にリーグ制覇(92年以外は日本一)を成し遂げたヤクルト黄金時代の要となった。のち兼任監督にもなっている。


 スマートな印象があった古田と対極的に泥臭さがあったのが、村田であり、中日の中村武志だ。若手時代はショートの宇野勝の手がはれるほど速い送球をした中村は、星野仙一監督からこれでもかと思うほど怒られながら鍛えられた。投手・前田幸長は「俺が星野さんに殴られてやるから思い切って投げろ」と言われ、感激したことがあったという。


 パでは90年代もやはり西武伊東勤の時代だ。95、96年Vのオリックス・中嶋聡はすさまじい強肩ぶりで米球界からも注目され、メジャー移籍に動いたが、かなわなかった。99年ダイエーの捕手が城島健司だ。身体能力は極めて高く、まだ未熟さはあったが、王貞治監督が97年、正捕手に抜てきし、徹底して英才教育。コーチ陣だけでなく、工藤公康武田一浩ら先輩投手も含め、チームで育て上げたキャッチャーと言える。

城島健司



関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング