週刊ベースボールONLINE

温故知新のカープ

カープ歴代最強Vベストナインを探れ!

 

「3連覇メンバー」が軸に。ここでは各ポジションの歴代最強選手をVメンバーから選んでみた。今回、ほぼ3連覇を濃厚とした時代の選手が軸だ。
※選手写真の名前横はカープ在籍年、下は日本通算成績。現役は9月2日現在。

【投手】黒田博樹 20世紀と21世紀の名球会


黒田博樹[1997-2007、15-16]
321試合登板124勝105敗1S、防御率3.55


 今回は優勝年(1975、79、80、84、86、91、2016、17)に加え、すでにV目前でもあり、今季を加味し、ベストナインを選んでいく。

 まず先発投手だが、75年初優勝のエース、完全試合1を含む3度のノーヒッター、外木場義郎と20世紀最後の200勝投手、北別府学が挙げられる。

 快速球を投げ込むタイプではなかった北別府だが、精密機械とも言われた制球力と投球術が光った。86年には最多勝、最優秀防御率でMVPとなっている。ただ、これは球界七不思議とでも言えそうだが、5回出場している日本シリーズでは、なぜか0勝5敗と勝ち星がない。

 ほか91年に最多勝、最優秀防御率で沢村賞、MVPとなった佐々岡真司もいる。投手王国だけに人材は多彩だ。

 今回、選んだのは2016年、25年ぶりの優勝に貢献した黒田博樹だ。同年の10勝の成績は平凡だが、日米通算203勝というトータルの実績、さらに、この男の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング