週刊ベースボールONLINE

2018「超高校級」ドラフト特集

12球団の育成ポイントは!? 2018ドラフト 高校生スカウティングリポート パ・リーグ編

 

2018シーズンも終盤に差し掛かり、ドラフト候補たちを絞り込む時期を迎えつつある。今回は12球団の育成ポイントをチェックしながら、狙うべき高校生のターゲットを担当記者があぶり出していく。
※球団の並びは9月5日現在の順位順

西武・獅子の屋台骨を背負う投手を


ターゲット 吉田輝星[投手/金足農高]


 現在、首位を走るが、それは打線の力による面が大きい。泣き所である投手がドラフトでも補強ポイントだ。現場からすれば即戦力、大学生、社会人を欲するだろうが、最近は2013年高橋光成、16年今井達也と夏の甲子園で頂点に立った投手を積極的に獲得。その観点からいけば甲子園で輝いた吉田輝星(金足農高)を狙う可能性も十分にある。また、西武と言えば大阪桐蔭高。中村剛也浅村栄斗森友哉ら同校OBがレギュラーを張る。藤原恭大根尾昂(ともに大阪桐蔭高)ら能力の高い大阪桐蔭高の選手を・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング