週刊ベースボールONLINE

2018「超高校級」ドラフト特集

公立校エース「ドラフト1位事情」

 

金足農高・吉田は今夏の甲子園で、秋田県勢103年ぶり準優勝。NPBスカウトから注目を浴び、仮に「ドラフト1位」となれば秋田県の高校出身者で3人目となる/写真=BBM


2010年代は8年で2人。秋田の高校出身は過去2人


 公立校の甲子園優勝は、春のセンバツは2009年の清峰高(長崎)、夏の選手権は07年の佐賀北高(佐賀)以降、私学が続く。今夏は11年ぶりに金足農高が公立勢として決勝進出を決めたが、大阪桐蔭高の前に敗戦。同校が史上初、2度目の春夏連覇を飾っている。甲子園の実績がそのまま「ドラフト評価」に直結するとは言えないが、公立校投手にとっても受難の時代となっている。

 ドラフト会議は1965年から始まり、この記念すべき「第1回」で巨人の200勝投手である・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング