週刊ベースボールONLINE

3連覇への道 INSIDE STORYS

広島・野間峻祥 実を結んだ意識改革 「低くて強い打球、逆方向への打球を意識するようになりました」

 

課題だったバッティングは、試合を重ねるごとに成長を見せた。もう足、肩だけじゃない。野間峻祥は攻守走、そのすべてでチームに欠かせない存在だ。
写真=BBM


チャンスで成長


 誰もがブレークを待っていた。そのポテンシャルの高さを知るからこそ、壁を乗り越えてほしかった。ドラフト1位入団から3年間、野間峻祥は驚異の脚力と守備範囲の広さを武器に一軍で活躍はしてきた。しかし、並外れた能力を持つプレーヤーである。期待されるものは、代走や守備固めの域ではなかった。

 同じく外野手出身の廣瀬純外野守備・走塁コーチは言う。「とにかく、外野手は打たないといけません。守備・走塁はもちろん重要ですが、(レギュラーを奪うには)打撃が大事になってきます。今は一番バッターの難しさも感じているでしょうが、飛躍的によくなりました。最も伸びた選手の一人だと思います」。

 昨シーズンはチームNO.1の脚力で優勝に貢献したが、打率.189と打席では苦しんだ。スイングの力はありながらも、速い球に差し込まれる場面が目立っていた。打撃コーチの東出輝裕は連日のように・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング