週刊ベースボールONLINE

広島3連覇の軌跡

歴代「黄金時代」伝説 3連覇は「黄金時代」の証だ!

 

巨人のV9を筆頭に過去、いくつかのチームが球史の中に黄金時代を築き上げた。その一つの基準が「3連覇以上」ではないか。過去セ・リーグでは巨人以外の達成はなかった。まさに広島は新たなる時代を切り開いたとも言える。

巨人V9[1965-73]


巨人、南海、西鉄の切磋琢磨


「黄金時代」の定義については、いろいろな考え方があるが、いわば“発生割合”から考えても「3連覇以上」を1つの基準にしていいのではないか。

 2リーグ制後の3連覇以上は、セ・リーグでは巨人が5回、直近は2012から14年で、他球団は皆無だ。パ・リーグでは南海(ソフトバンク)が2回、阪急(オリックス)が2回、西鉄・西武が3回とセより多く、球団も分かれるが、1994年5連覇を達成した西武を最後に出ていない。

 結論から先に言えば、65年秋からスタートしたドラフト制以降、戦力の均等化が進み、3連覇以上達成のハードルが高くなっている。その中での達成は、例外なく豊富な補強資金を持つ球団だった。その意味では、今回の広島3連覇は、例外的とも言える。

 では、球史を「黄金時代」をキーワードに振り返っていこう。3連覇以上の最初は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング