週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト上位指名有力候補CLOSE UP

吉田輝星(金足農高・投手)「甲子園」が人生変えた152キロ右腕。 「プロの世界で勝負してみたいという、新しい心が芽生えた」

 

17歳の決断に多くの国民が注目した。平成最後の夏、甲子園準優勝。「KANANO旋風」の立役者となった152キロ右腕は、悩み抜いた末にプロ志望を表明した。大学進学から一転、ドラフト1位指名が有力だ。
取材・文=岡本朋祐 写真=井沢雄一郎

甲子園後のメディア対応では「好きな球団」を答えていたが、職業とは別問題。ドラフトにおいては「12球団OK」の姿勢を示している


 約130人の報道陣が集まった金足農高体育館。吉田輝星の進路表明会見の「答え」は、分かっていた。今夏の秋田大会前の段階では、八戸学院大への進学を固めていた。なぜならば、金足農高・嶋崎久美元監督の紹介により、春先から同大学野球部・正村公弘監督の指導を受けた“恩”があったからだ。嶋崎氏は金足農高を34年間率い春3回、夏4回の甲子園出場。2012年3月限りで金足農高監督を勇退後、同4月から16年秋までノースアジア大を率いた。同じ北東北大学リーグの八戸学院大・正村監督とはかねてから親交があった。2年秋まで勝ち切れなかった吉田に起爆剤を与えようと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング